【XSERVER編】DNSレコード設定をしよう!

DNSレコードって?(ややこしいので簡単に!)

DNSは「Domain Name System」 の略称で、IPアドレスと独自ドメイン名を対応させる情報のことです。DNSレコード自体に複数のレコードが含まれ結構ややこしいです。詳しく知りたい人は、ググってみて下さい。この道の人でないと理解は難しいでしょう。あまり深追いはせず「ふ〜ん」ぐらいにしといて、とりあえず設定だけ進めましょう!

 

いつどこで設定する?DNSレコードの設定方法

Google Search Console で自分のサイトを登録するときに「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」のウィンドウが自動的に出現します。このままDNS設定を進めましょう。

①TXTレコードのところで「コピー」をクリックする。

→コピーをしたら、ひとまずこの画面はこのままにしておきます。

 

②別タブにてXSERVERのサーバーパネルを開き、「DNSレコード設定」をクリックする。

 

③「DNSレコード追加」のタブより「種別」「内容」を入力する。

・「種別」は「TXT」を選択して下さい。

・「内容」に先ほどコピーしたTXTレコードをペーストして下さい。

・最後に「確認画面へ進む」をクリックします。

 

④設定内容を確認して「追加する」をクリックする。

 

⑤先ほど置いておいたウィンドウより「確認」をクリックする。

 

確認を押した後に、このようなウィンドウが出現すればOK

 

⑥Google Search Console の「検索パフォーマンス」が参照されるまで1日程度待つ。

 

これで設定は終了です。

 

次の日にはグラフが表示されます。

 

-SEO対策 (10)
-

© 2022 RIONLOG