iPhoneで撮影した動画「mov」はWindowsパソコンで再生できないので

 

iPhoneで撮影した動画『.mov』はWindowsパソコンで再生できないので、ファイルの種類を『.mp4』に変換する必要があります。

 

iPhoneで撮影した動画を編集したいけど開ません・・

どうしたらいいですか?

 

このような疑問の解決法をご紹介します。

 

 

movファイルは、Windows用動画編集ソフトでも、読み込んでくれません・・

 

iPhoneで撮影した動画は、『.mov』というApple専用のファイルで保存されるからです。

 

これをWindowsでも再生できるファイルに変換する必要があります。

 

具体的には、ファイル拡張子を『.mov』から『.mp4』に変更すれば、問題解決できます。

 

変換の方法は、以下の2通りになります。

 

.mov→.mp4変換

  1. ネット上で変換する
  2. 専用アプリを使って変換する

 

オススメは、②番目の方法です。

 

 

①ネット上で変換する

 

Convertioという無料サイトで変換できます。

 

ただし、データ容量の上限が決まっており、大きな動画ファイルは変換できません。

 

使用してみた感じでは、大体100MBを超えると、変換できないようです。

 

普通の状態でのiPhoneで撮影して、2分ほどの動画が100MBなので、これ以上長い動画が変換できないことになります。

 

 

②専用アプリを使って変換する

 

無料のソフト『ビデオコンバータ』が使い安くてオススメです。

 

iPhoneで撮影したら、iPhone上で『.mp4』に変換するのが手っ取り早いです!

 

 

ファイル変換〜送信までの手順

 

ビデオコンバータアプリをインストールしたら、起動してみましょう。

 

ライブラリが空なので『+マーク』をクリックします。

 

『写真ライブラリ』をクリックします。

 

動画を選んだらライブラリに出現するので『 iマーク』をクリックします。

 

『もっと』をクリックします。

 

『ビデオを変換する』をクリックします。

 

『mp4』を選択して『変換を開始する』をクリックします。

 

変換に少し時間がかかります・・

 

『.mp4』のファイルが出来上がりました!

次はファイルを送信するために『 iマーク』をクリックします。

 

『送信&セーブ』をクリックします。

 

後はメールなりLINEなり、お好きな方法を選択して送信して下さい。

 

以上がビデオコンバータアプリで、ファイルを変換して送信するまでの流れです。

 

 

【まとめ】iPhoneで撮影した動画「mov」はWindowsパソコンで使えない

 

iPhoneで撮影した動画はWindowsパソコンで使えないので、ファイルの種類を『mov』から『.mp4』に変換しましょう!

 

① iPhoneで動画を撮影

② 動画を『.mov』から『.mp4』に変換

③ パソコンに送信

 

動画ファイル変換アプリ『ビデオコンバータ』を使って、iPhone上で変換するのが楽です。

 

というわけで今回は以上です。

 

 

-動画
-

© 2021 RIONLOG