【スクショ付き対処法】「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

 

 

 

 

エックスサーバー を使っている人で、GoogleAdsenseの画面に・・・

 

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

 

のメッセージが出現した際の対処法を、スクショ付きで解説します。

 

 

 

Google Adsense にログインした後の画面で、上部にピンクの警告メッセージが出現するので、心配になりますよね!

 

 

対処の手順は3つ

  1. 『ads.txt』ファイルを入手する
  2. エックスサーバー に『ads.txt』ファイルをアップする
  3. セルフチェックを行う

 

所要時間は5分ほどですが、手順を間違ってしまうと、広告の配信が停止される可能性があるので注意して下さい。

 

Adsenseヘルプにも対処法がありますが、難しい文章に感じる人は、スクショを見ながらの方がわかりやすいので、参考にして下さい。

 

 

ads.txt とは?

 

対処の手順に進む前に、ads.txt って何なの?という予備知識を入れておきましょう!

 

Googleのページによると、以下の文章で説明されています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

 

Googleの引用は少し難しいので、噛み砕いて言うと・・

 

ads.txt(アズテキスト)とは、ネット上の広告の信頼性を高めて、広告詐欺の対策を行うための仕組みのことです。

 

 

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

 

このメッセージの意味するところは、ads.txtを設置すれば、信頼できる広告だけが掲載されるので、詐欺の可能性がなくなり、購入者の危険を回避できるので収益に重大な影響が出ませんよ!という感じです。

 

メッセージ中には、『修正して下さい。』とありますが、実際には、『ads.txt を新しく設置して下さい。』ということになります。

 

 

というわけで、3つの手順で『ads.txt』を設置していきましょう!

 

 

手順① 『ads.txt』ファイルを入手する

要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。』が出現している画面より、『ダウンロード』をクリックします。

 

 

 

『ads.txt』 ファイルがダウンロードされたらOKです。

 

 

手順② エックスサーバー に『ads.txt』ファイルをアップする

 

Google Adsense側で入手した『ads.txt』ファイルを、エックスサーバーにアップします。

 

エックスサーバーのファイルマネージャーにログインします。

 

 

自分のサイトの『ドメインフォルダ』をクリックします。

 

 

 

『public_html』をクリックします。

 

 

 

以下の通りに入力します。

  1. 『ファイルを選択』より、先ほどの ads.txt を選択する
  2. ファイル名の文字コードは『UTF-8』を選択する
  3. 2つ変更したら『アップロード』をクリック

 

 

 

『ads.txt』 ファイルがアップされたらOKです。

 

 

 

『ads.txt』の横のチェックを入れて、『編集』をクリックします。

 

 

 

保存文字コードを『UTF-8』にして『保存する』をクリックします。

 

以上で、アップロード作業は終了です!

 

 

手順③ セルフチェックを行う

 

一連の作業が正常に終わっているか、セルフチェックを行います。

 

自分のサイトのドメイン末尾に『/ads.txt』を追加して、アドレスバーに入力します。

 

当サイトの場合

https://rionlog.com/ads.txt

 

入力して、エンターを押せば画面が変わります。

 

このように、pub-ID が表示されたらOKです。

 

 

ちなみに、うまくいっていない時は、『Not found』 になります。

 

 

以上で3つの手順は全て終了です。お疲れ様でした!

 

警告文が解除されるまでに。48時間以上かかります。場合によっては、もっとかかるという情報もあるので、気長に放置しておきましょう!

 

⇨ 追記:私の場合は13日後に警告文が解除されました。

 

というわけで今回は以上です。

 

 

-SEO対策 (10)
-

© 2021 RIONLOG