WordPressプラグイン『RINKER』の使い方【商品リンク】

 

 

商品リンクの作成ツール=代表的なもので5種類

 

商品リンクを作成するツールは、代表的なもので5種類ほどあります。

 

5種類全てを使うわけにはいかないので、【商品リンクを選ぼう!】カエレバ・RINKER・kattene・かんたんリンク・MyLinkBox を参考に自分に合ったものを選びましょう!

 

商品リンク:5つの作成ツール

  1. カエレバ・ヨメレバ・トマレバ・タベレバ
  2. RINKER
  3. kattene
  4. かんたんリンク(もしもアフィリエイト)
  5. MyLinkBox(バリューコマース)

 

今回は、WordPressプラグインである②RINKER の使い方 になります。

 

『RINKER』の導入から使い方マスターまでの所要時間は20分程度です!

 

RINKER とは【使い方の前に・・】

 

『RINKER』は、『広告主ボタン』と『自由ボタン』が両方作れる唯一のハイブリッド型のツールです。

 

WordPressのプラグインなので、無料ブログの人は対象外になります。

 

項目 RINKER
貼り付け方法 ショートコード
初期ボタン種類 4
自由ボタン数 4
ボタン最大数 8
報酬 もしも・本家
手間 普通
機能

 

順にRINKER の使い方を解説していきます。

 

 

【Rinkerの使い方】ダウンロードから初期設定まで【導入3ステップ】

 

まずは『Rinker』をダウンロードして有効化するまでの方法を画像付きで解説します。

 

RINKER導入の3ステップ

  1. Rinkerのダウンロードとプラグイン有効化
  2. Amazonアソシエイトの情報を入力
  3. もしもIDを入力

 

それでは順番に説明していきます。

 

 

ステップ①『Rinker』のダウンロードとプラグイン有効化

 

やよいさんが開発してくれた『Rinker』 は、WordPress専用のプラグインです。

 

WordPressからはダウンロードできないので、専用ページからダウンロードします。

 

 

 

⇨ 『無料ダウンロード』をクリックします。

 

 

 

おそらく『pixiv ID』を持っていないと思うので、『pixiv  IDを作ってログイン』をクリックします。

 

 

 

⇨ 『メールアドレス』と『パスワード』を入力して『次へ』をクリックします。

 

 

 

⇨『 ニックネーム』『性別』『誕生日』を入力したら、チェックを有効にして『アカウントを作成』をクリックします。

 

 

 

⇨ 再度『無料ダウンロード』をクリックします。

 

zipファイルがダウンロードされるので、これをWordPressプラグインに有効化していきます。

 

“注意ポイント”

zipではないフォルダがダウンロードされることがあります。

⇨ 自分で圧縮してzipファイルに変換してください!

 

プラグイン有効化の手順は以下の通り。

 

プラグインの有効化

① WordPressの管理画面左より『プラグイン』をクリック

② 『新規追加』をクリック

③ 『アップロード』をクリック

④ 『ファイルを選択』をクリック

⑤ 『yyi-rinker.zip』を選択

⑥ 『有効化』をクリック

 

これで、あなたのWordPressに『RINKER』が有効化されました!

 

 

ステップ② Amazonアソシエイトの情報を入力

 

Amazon本家のIDを入力していきます。

 

ポイント

本家IDを持っていない人は、『もしもアフィリエイト』のAmazonのIDで全く問題ありません!(手順③へ進んでください)

 

 

⇨ Amazonの、『アクセスキーID』と『シークレットキー』を入力する必要があるのでIDを確認しにいきます。

 

 

 

⇨ ちなみにAmazonのIDを入力せずに使用すると、Amazonから商品検索したときにエラーになります。

 

 

 

⇨ Amazonアソシエイトに移動し、ツールの『Product Advertising API』をクリックします。

 

 

 

⇨ 『PA APIアクセスのリクエスト』をクリックします。

 

 

 

⇨ アクセスキーとシークレットキーをコピーしておきます。

 

『認証情報をダウンロードする』をクリックすると、2つのキーのCSVファイルが手に入るので保存しておきましょう!

 

 

 

⇨ WordPressの画面に戻り、『アクセスキー』と『シークレットキー』をペーストして入力します。

 

 

 

⇨ 『トラッキングID』も入力します。

 

トラッキングIDがわからない時

トラッキングIDがわからない場合は『トラッキングIDの管理』をクリックすると、IDが確認できるページに移動できます。

 

 

 

⇨ 『リンク先を商品の詳細画面にする』にチェックします。

 

以上でAmazonアソシエイトの情報の入力は終了です!

 

ステップ③ もしもIDを入力

 

⇨ もしもアフィリエイト設定に、大手3社のID数字7桁を入力します。(IDが分からない場合は、「もしもIDの取得方法」をクリック。)

 

⇨ 『もしもリンク優先ショップ』にチェックをいれると、本家IDを入力していても、もしもアフィリエイトでの報酬が優先されます。

報酬を固めたい場合は、下のチェックも入れておきましょう!

 

⇨ 入力したら『設定を保存』をクリックします。

 

 

これで、あなたのWordPressで『RINKER』を使う準備ができました!

 

 

【Rinkerの使い方】普段使いは3ステップ

 

RINKERの普段使いは、以下の3ステップです。

 

RINKERの使い方3ステップ

  1. 商品リンク追加をクリック
  2. 商品を検索する
  3. ショートコードを貼り付ける

 

ステップ① 商品リンク追加をクリック

 

⇨ WordPressの記事編集画面に『商品リンク追加』のボタンが出現しているのでクリックします。

 

 

ステップ② 商品を検索する

 

⇨ 『Amazonから商品検索』のタブより、キーワードを入力し『検索』をクリックします。

 

この時に、【エラー】リクエスト回数が多すぎます。が出現したら、以下の『リクエスト回数が多すぎます。』の対処法へ進んでください。

 

そうでなければ、【ステップ③】へ

 

『リクエスト回数が多すぎます。』の対処法

30日間、Amazonアソシエイトから売り上げがないと、PA-APIが使えないようです。

 

⇨ Amazonアソシエイトから売り上げが発生するように、Kindle と Amazon のチェックを外します。

 

⇨ 基本設定の「再取得をしない」にチェックします。

 

⇨ Amazonから売り上げが出るまでは検索できないので、楽天から検索しましょう!

 

⇨ このままだと商品ページに飛ばず、検索結果で広告が貼れているので、1度削除して編集します。

(検索結果でいいという方はここで終了です。)

 

⇨ 再度、『商品リンク追加』をクリックし、『登録済み商品リンクから検索』にある各社の『確認』をクリックします。

 

⇨ すると、検索結果画面になってしまっているので、それぞれ具体的な商品を選択します。

 

⇨ Amazonであれば、アソシエイトバーの「テキスト」より、短縮URLをコピーします。

 

⇨ 商品リンクの『リンク編集』をクリックします。

 

⇨ ここにコピーした短縮URLをペーストします。

 

楽天とYahoo!も同じ場所に商品ページをコピペします。

 

 

 

以上でショートコードの編集が終了しました!

 

ステップ③ ショートコードを貼り付ける

⇨ 編集画面にて広告を載せたい場所で『商品リンクを追加』をクリックします。

 

[itemlink post_id="3108"]

⇨ このようなショートコードが貼れたはずです。

 

ショートコードを貼った場所に、このように広告が出現したらOK↓

 

 

『Rinker』は初期設定さえしてしまえば、普段使いはかなり楽ですね!

 

というわけで今回は以上です。

 

 

 

-Affiliate (10)
-,

© 2021 RIONLOG